目次

学校案内

本校の校風・資格取得・部活動ついて
普通科普通コースの発展クラスと標準クラスについて
普通科「スポーツ総合コース」について
情報コミュニケーション科について
高大連携について
本校の施設設備について

入学試験

本校の入試について

本校の校風・資格取得・部活動ついて

Q:緑陵高校の校風等を教えてください。

A:本校には校風は4つの特徴があります。

  • (1)部活動は一生懸命

  • 日々の練習が充実しており、その成果として体育系・文化系ともに地区大会上位の成績を収め、全道大会・全国大会へ出場しています。

       
  • (2)生徒同士の強い絆
  •     

    生徒会行事は、全校生徒約700名が一丸となり、盛大に行われます。先輩・後輩みんなが仲良く、雰囲気の良い校風です。

       
  • (3)礼儀正しい生徒達
  •     

    生徒は、礼儀正しく挨拶ができ、制服の着こなしもしっかりとしています。保護者からも「安心して任せることができる学校」との評価をいただいています。

       
  • (4)熱心な進路指導

  • 進学、就職ともに進路実現に向け、きめ細かい指導と充実した講習を行っています。

    Q:緑陵高校では、どのような資格を取得することができますか。

    A:今年度、本校において次の資格取得検定等を実施しています。

    漢字検定、実用英語検定、日商簿記検定、全商主催検定(簿記・英語・情報処理・珠算・電卓・ビジネス文書実務・会計実務・商業経済)、全経主催検定(簿記・電卓能力)

    Q:緑陵高校にはどのような部活動がありますか。

    A:次の部・同好会・外局があります。

    体育系 文化部活動
    1 男子ソフトテニス部 1 吹奏楽部
    2 女子ソフトテニス部 2 美術部
    3 男子バスケットボール部 3 書道部
    4 女子バスケットボール部 4 演劇部
    5 野球部 5 ESS部
    6 ソフトボール部 6 簿記部
    7 男子バドミントン部 7 パソコン部
    8 女子バドミントン部 8 写真部
    9 男子バレーボール部 9 茶道部
    10 女子バレーボール部 10 ボランティア部
    11 男子テニス部 11 科学同好会
    12 女子テニス部 12 図書局
    13 サッカー部 13 放送局
    14 陸上競技部 14 新聞情報局
    15 剣道部
    16 柔道部
    17 卓球部
    目次

    普通科普通コースの発展クラスと標準クラスについて

    Q:発展クラス、標準クラスの編成方法はどのようになっていますか。

    A:中学校での成績や入試の成績を参考にし、学習の習熟度が高い生徒で「発展クラス」1クラスと標準的な生徒で「標準クラス」を2クラス編成します。

    Q:発展クラスと標準クラスの授業に違いはありますか。

    A:学習内容や教科書、考査問題は同じで授業進度も大きく違いはありません。発展クラスの授業では、一般的な説明を手早くすませ、より詳しい内容を学習したり、問題練習を多くしたりして学力向上に努めています。

    目次

    普通科「スポーツ総合コース」について

    Q:「スポーツ総合コース」では、どのような学習をするのですか。

    A:「スポーツ概論」は、スポーツの競技力向上や体育トレーニング、スポーツマネージメントなどについて学びます。時期によっては、講師を招き、講話を行います。
    「スポーツⅠ」は、陸上の授業です。「スポーツⅡ」は、球技を中心にした授業です。今年度は、野球・バレーボール・その他の種目(バスケットボール・テニス・ソフトボール・サッカー・バドミントン・卓球)を実施しています。「スポーツⅢ」は、剣道の授業です。

    Q:「スポーツ総合コース」の生徒は、必ず緑陵高校の部活動に入らなければいけないのですか。また、「スポーツ総合コース」に入り、途中で部活動をやめた場合はどうなるのですか。

    A:スポーツ総合コース」に入学する生徒は、体育系部活動に加入していただきます。また、途中で病気・ケガ等により競技が続けられなくなった場合は、マネージャーとして頑張ることもできます。しかし、文化系の部活動への変更は認めないこととしています。

    Q:入学後「スポーツ総合コース」から「普通コース」へ変更することはできますか。

    A:「スポーツ総合コース」から「普通コース」へ変更することはできません。また、「普通コース」から「スポーツ総合コース」へ変更することもできません。

    Q:部活動との連動とは、どのようなものですか。

    A:部活動との連携とは、

  • (1)科目「スポーツⅠ・Ⅱ・Ⅲ」の授業は、生徒が所属している部活動の授業となります。
  •   
  • (2)週に一度、6時間目の授業(「スポーツⅠ・Ⅱ・Ⅲ」)終了後すぐに部活動ができます。次年度からは、後輩が入学してきますので1年生から3年生合同の授業を予定しています。
  • Q:「スポーツ総合コース」ではどんな進路を歩むのですか。

    A:本校の「スポーツ総合コース」では、学習した内容や授業・部活動で鍛えた気力や基礎体力・競技力を生かし、体育系大学や体育・医療系専門学校への進学や警察・消防署・自衛官などへの就職は勿論のこと、普通科としての授業をしっかりと行いますので、様々な分野の大学・短大・専門学校・市町村職員をはじめ各種公務員や民間就職等への進路を実現してもらいたいと思います。

    Q:「スポーツ総合コース」の生徒は、入学後どのように思っていますか。

    A:6月に「スポーツ総合コース」の生徒全員に次のようなアンケートを実施しました。入学した生徒は、大変満足し、充実した学校生活を送っています。

    「スポーツ総合コース」を選択した理由(1つだけ選択)
    内容 人数 割合
    スポーツが好きだから 9 33.3%
    将来の職業選択 9 33.3%
    技術・体力の向上 3 11.1%
    緑陵高校だから 3 11.1%
    保護者・先生等に薦められたから 2 7.4%
    コースの内容 1 3.7%
    その他 0 0%
    「スポーツ総合コース」に入学し、今どのように思っているか。
    内容 人数 割合
    入って良かった 27 100%
    入って後悔している 0 0%
  • ・クラスの人数が少ない分、団結力がある(9)
  • ・部活に集中できる(4)
  • ・体育の時間が多く、水曜日の6時間目に部活がある(3)
  • ・体育の授業がとても楽しい(3)
  • ・体力や技術の向上だけでなく知識も身に付く(2)
  • ・自分の好きなスポーツができるし、友達も増えた
  • ・「スポーツ概論」という授業があり、スポーツを知ることができる
  • ・スポーツ環境も良く、楽しい
  • ・ジャージがかっこよい
  • 「スポーツ総合コース」の授業や部活動で期待することはあるか。
    内容 人数 割合
    ある 16 59.3%
    ない 11 40.7%
  • ・技術・体力の向上(9)
  • ・普通コースよりも体育の授業が多く受けられる(2)
  • ・「スポーツⅠⅡⅢ」の授業での細かい指導(2)
  • ・部活動での内容やスポーツの授業
  • ・部活動の時間が増える
  • ・自分が就きたい職業に必要な情報
  • 今悩んでいることや、不安なことはあるか。
    内容 人数 割合
    ある 10 37.0%
    ない 10 37.0%
  • ・部活と勉強の両立(5)
  • ・授業についていけるか不安(3)
  • ・進学のこと
  • ・体力がつくかどうか
  • 将来の職業希望(1つだけ選択)。
    内容 人数 割合
    看護・理学療法・作業療法等
    医療関係の職業
    10 37.0%
    未定 6 22.2%
    消防士・警察官・刑務官等の公務員 4 14.8%
    その他 4 14.8%
    体育教師・インストラクター等
    スポーツに関わる職業
    3 11.1%
    卒業後の進路希望(1つだけ選択)。
    内容 人数 割合
    大学・短大 16 59.3%
    専門学校 5 18.5%
    その他 3 11.1%
    公務員 2 7.4%
    民間就職 1 3.7%
    目次

    情報コミュニケーション科について

    Q:情報コミュニケーション科の特色は何ですか。

    A:情報コミュニケーション科では、普通教科の他に「商業」に関する専門科目を全体の3分の1程度学習します。大きな特色としては次の4つがあります。

  • (1)3つの「コース制」による学習
  • 1年生での「商業」に関する基礎的な科目の学習を踏まえ、2年生からは生徒の興味・関心や希望する進路に合わせて「情報科学」「情報経済」「情報会計」の3つのコースに分かれ、それぞれのコースでより専門性を深めるための学習を進めることができます。


  • (2)「コミュニケーション能力」が身につく。
  • 緑陵高校独自で開設している科目「コミュニケーション基礎」において、自分の考えを効果的に相手に伝えるための「プレゼンテーション」の技法や、新たなアイディアを生み出すための「ブレーンストーミング」の技法などを学習することによって、実社会で必要な「コミュニケーション能力」を身に付けることができます。


  • (3)たくさんの「資格」を取得できる
  • 「商業」の学習の成果として、情報処理・電卓・簿記などたくさんの「資格」を取得することができます。多くの資格を取得することによって、就職に活かせるのはもちろんのこと、学費免除の特待生や推薦による大学などへの進学にも可能になります。


  • (4)「地域活性化・地域貢献」に向けての活動
  • 3年生で学習する科目「課題研究」において、地域活性化・地域貢献をテーマとして、地域のたくさんの方々と関わりを持ちながら、様々な調査研究活動を行っています(例:商品開発、イベント企画、作品制作など)。

    Q:3つのコースの特色の違いは何ですか。

    A:情報コミュニケーション科では、1年生での「商業」に関する科目の学習を踏まえ、2年生より生徒の興味・関心や希望する進路に合わせて次の3つのコースに分かれ、それぞれのコースでより専門性を深めるための学習を進めます。

  • ・情報科学コース
  • ビジネス活動における「情報処理・活用能力」の専門性を深めるため、情報通信ネットワークやシステム開発、プログラミングなどに関する知識・技術について学習します。

  • ・情報経済コース
  • ビジネス活動における「マーケティング能力」の専門性を深めるため、商品の流通活動やマーケティング、商品開発などに関する知識・技術について学習します。

  • ・情報会計コース
  • ビジネス活動における「会計活用能力」の専門性を深めるため、高度な会計処理や財務分析、原価計算などに関する知識・技術について学習します。

    目次

    高大連携について

    Q:どこの大学とどのような内容の連携をしているのですか。

    A:現在、北海道教育大学岩見沢校と教員等の相互派遣事業やその他協議に基づいた高大連携協定を結んでいます。連携の具体的な内容は、

  • (1)出前授業の実施
  • 今年度は、「スポーツ総合コース」の生徒が履修している教科・科目「スポーツ概論」で3人の講師の先生をお願いし、「応急措置」「スポーツマネージメントについて」「障害者スポーツの現状」(11/9実施予定)の講義を実施しました。


  • (2)教育実習生の受入れ

  • (3)部活動での合同練習や練習試合の実施
  • 今年度は、剣道部、男女バレーボール部、男女バスケットボール部、サッカー部、書道部が合同練習や練習試合を行っています。

    また、今年の10月13日(木)に北翔大学と新たに高大連携協定を結びました。今年度は、大学の施設を使わせていただき、スポーツに関わる授業(講義)を受ける予定です。

    目次

    施設設備について

    Q:緑陵高校の施設設備で何か特色はありますか。

    A:施設設備での特色としては、次のことがあげられます。

  • (1)情報関係の施設として、マルチメディア室に最新型の液晶ペンタブレットを備えたパソコンがあります。また、各教室、職員室、生徒玄関、廊下などで学校行事等のライブ放映を見ることができます。

  • (2)旧駒澤高校の野球場及び室内練習場を本校の施設として使用しています。このことにより本校グランドでは、ソフトボール場及びサッカー競技場が以前より安全に広く使用することができるようになりました。

  • (3)校内の全てのトイレにウオッシュレットが備えられており、清潔な環境で学校生活を過ごすことができます。
  • 目次

    入試について

    Q:普通科の推薦入試において、第2志望は認められますか。

    A:推薦入試では、第1志望のみの出願となります。

    Q:「スポーツ総合コース」の推薦・一般の実技の評価の割合はどのくらいなのですか。

    A:推薦・一般入試ともに、入学者選抜における基準等につきましては、実施項目を総合的に判定しております。

    Q:「スポーツ総合コース」の一般入試において、第2志望、第1志望及び第2志望の学科以外の学科(コース)への入学の希望の場合でも実技を実施するのですか。

    A:はい、実施します。入学願書に「スポーツ総合コース」と記載した場合は、全て実技を受検してもらいます。

    Q:実技の種目は何ですか。

    A:推薦・一般入試ともに持久力・瞬発力に関する内容となります。具体的には、シャトルラン、立ち幅跳び、反復横跳びの3種目です。

    なお、ご不明な点がございましたならば、本校のホームページ「入選情報」をご覧いただくか、直接、学校へお問い合わせください。

  • 「平成29年度岩見沢市立高等学校入学者選抜における面接・実技・作文の実施予定一覧」(12月中旬掲載予定)
  • 「平成29年度岩見沢市立高等学校入学者選抜における推薦の面接以外に実施する項目の実施予定一覧表」(12月中旬掲載予定)
  • <お問い合わせ先>北海道岩見沢緑陵高等学校 0126-22-1851(教頭)

    目次